ダンスに関する情報が満載!

初心者がダンスの練習を独学でするには

初心者の人がダンスを練習したいと思ったときに大きく分けると二つの方法があります。
一つ目は人から教えてもらう方法です。
そして二つ目は独学です。
前者は本格的に学べるというメリットがありますが、費用が掛かったり、スクールに通う時間がなかったりして不便なことも多いです。
しかし後者は自分の空き時間にできて、費用もそれほど掛からないので独学には独学なりのメリットが存在します。
独学の練習を行う上で最適な方法は動画をみて学ぶことです。
その際にどういう体の動かし方をするのかをレクチャーしてくれるものであった方がよいです。
その内容がある程度理解できたら実際に体を動かすことが重要です。
その時に鏡を見ながらやることが重要です。
なぜなら自分の思った動きと実際の動きが全然違うということがあるからです。
そして次の段階として自分の動きを実際に動画でとってもらいます。
鏡を通じて自分の目で見るのと他人から見る動きも予想と違ったなどということもよくあります。
つまり第三者視点で見ることが重要です。
そして最後にとってもらった動画をみて直すところを発見して再び練習するということを繰り返します。

ダンスの練習時間は短くても毎日続けることが重要

最近多くの趣味が存在していますが、そんな中で人気のある趣味の1つとしてダンスがあります。
ダンスにはモダンやジャズにクラシックにバレエなど多くの種類が存在しています。
その為、自分の好みに合わせて踊る人も多くいます。
そんなダンスですが、やはり基本として重要なのが練習になります。
会社帰りの限られたわずかな時間や、学生なども週末の休日を利用して踊る人も多くいます。
この練習ですが、たくさん踊ることはもちろん身体に踊りを覚えさせるという意味で大切ですが、毎日続けることが一番大切になります。
しっかり踊ることも大切ですが、体調が悪い日や時間が取れないという時もあるとおもいます。
そんな時は、まったく踊らないという事はせずに5分でもいいので基礎のステップの練習をするだけでも良いです。
何故なら1日でも踊らないでいると、それがさぼり癖につながってしまうからです。
やはり長く続けることが大切ですので、最悪1分のちょっとしたステップでもいいので続けるようにするのがポイントです。

おすすめWEBサイト 5選

最終更新日:2017/1/13

COPY RIGHT (C) Let's Dancing ALL RIGHT RESERVED